Archive for the ‘未分類’ Category

終活の第一歩目に、その場で作るエンディングノート講座(オリジナルノート2冊付き、2625円+500円)

日曜日, 1月 6th, 2013

来る1月29日(火曜日)13:00~15:00に、
そごう横のメルパルク7階、中国新聞文化センターにて(問い合わせ・お申込み:082-222-8502)
特別講座「現代に必要な「終活」とは? エンディングノートはシュウカツの第一歩」をさせていただきます。

前回の「その場で作るエンディングノート講座」が好評いただきましたので、その講座を
より手軽に受けていただけるよう構成しなおしたものです。
今回は1回きりの講座で、中国新聞文化セミナー会員でない方でも
受講料2625円+ 資料代500円にて どなたでもご受講いただけます。

↑当日お配りする資料、エンディングノートです。

わたしは、このエンディングノートの講座をするにあたって、一番気をつけていることは

「エンディングノートを『前向きで合理的なもの』だととらえていただくこと」
です。

エンディングノートについては、昨年の日経トレンディ年間ヒット商品ランキングにも登場したとおり
この1年でぐっと認知度が上がってきました!嬉しい限りです。

書店などで大量に販売され、普及が進むにつれ、
ちょっと前までの
「エンディングノートは縁起の悪いもの」という、漠然としたマイナスイメージが減ってきました。

しかし、まだまだ
「書いたほうが、自分も家族も救われる。」
「自分を守るツールである」
「言葉に出せないことだからこそ、書いておく」
・・・・・と、「確信」していらっしゃる方は少ないのではないでしょうか?

それは当り前、書店の本を読んだだけでそう思うのは難しいことです。

ですので、私は、自分のエンディングノートは「販売」するのではなく、
「講座」を受けていただき、そのなかで「書きあげて」いただくことによって、
書いた人だけがわかる
「これ、、、必要だわ、、、」という実感を得ていただきたくて、講座による配布にこだわっています。

また、市販で利益を得ようと思うと、ついついページ数を増やしたくなりますよね(^v^)
私のエンディングノートは 記入ページは8ページのみ!
しかも「レ点チェック式」なので、「具体的に希望なんてないなー」という方でも気軽におつくりいただけます。

表紙

内容の一部

内容は
1 私のカルテ(医療情報)  →おひとり暮らしの方が倒れてしまった時等のための「緊急ノート」の役割
2 いつかのための覚書    →判断能力が無くなったり、重病になったり、、、、いつか、もしもそうなるかもし                     れない、、、そのときのために自分の気持ちを書いておく部分です
3 葬儀・墓等の私の希望   →慣習や業者のススメによって「なんとなく」決めていた葬儀やお墓について、                    合理的に自分の希望する項目を挙げておくことで、スマートに経済的にも合                    理的な選択をするためのページです。
4預貯金などについて     →相続の際に「(例)お父さんの持っている通帳の場所がわからない!しかも                    何を持っているのかもわからない!」というお困り事がとっても多いことから、                    「金額は書かなくていいですが、何を持っているのかだけ書きましょう」という項                   目を作りました。
5お願いしたいこと、私からのメッセージ  →個人個人で家族にお願いしたいことは全く異なります。たとえば「ペットのお世話を友人の○○さんに頼みたい」など そういった個別の希望を記すページです

「終の信託」という映画でも話題になりました、
「回復の見込みがない場合の延命治療について」にも触れています。
このエンディングノートに

「自分は、、、いざとなったら、どうしたいか、どうして欲しいか」を書き込み、

できれば、ご家族に

「エンディングノートの講座に行ったんだ。これが、私のノート」と差し出して、
 
気持、決心の共有をしておかれれば、いざという時、本当にご本人とご家族に役に立ちます。

このたびの講座では
エンディングノートを「2冊」お持ち帰りいただきます。

1冊は、その場で受講者様が書き上げていただき、
もう1冊は「大切なだれか」にお渡しいただけるようになっています。

ご夫婦、お友達、親子でお越しの方もいらっしゃいます。

また、当日
相続・遺言についても簡単にご説明をし
「家系図を作ってみよう」シート
「相続準備シート」
もお渡しいたします。

また、エンディングについての無料相談付き(墓、葬儀、仏壇、その他の生前契約そのほか、相続、遺言など)です。

参加者の方で、個別相談がある方には、当日、もしくは後日無料相談を実施いたします。

講座をやるたびに、いつも実感するのです。
「ハイ!質問があります!」と、自分のケースを挙げて参加者の前で質問するのはデリケートな内容ゆえ難しい講座ですので、個別相談という形でフォローさせていただいております。

エンディングについての考え、悩み、解決方法は 「100人100色」だれでも違って当たり前です。
そういう意味を込めて、100色のエンディングノートを手作りいたしております。

どうぞ、1月29日

ご参加お待ちいたしております。

専門家とつくるエンディングノート講座 開催いたします。7月6日、8月3日、9月7日

木曜日, 5月 31st, 2012

今まで、公民館等で開催させていただき、ご好評をいただいた「エンディングノート作成講座」・・・

今度、中国新聞文化センター メルパルク教室 にて 開催させていただくことになりました。

とてもきれいな会場で、(そごう横のメルパルクの7階全フロア 文化センターです) 

そこで、その会場に似合うように、いままで「白黒コピーのみの味気なかった」やつをちょっと工夫しています。

※少し色をつけてみたり、表紙に柄を入れてみたり・・・・ご本人の写真を入れることも可能でした。

ただいま受講生を募集されていますので、ご興味がおありの方はぜひ、
この講座にいらしてください。

☆☆ 専門家とつくるエンディングノート☆☆

講師  行政書士・消費生活アドバイザー 橋本明子  (広島相続研究会会員)

受講料  全3回分 で6930円 (エンディングノート2冊&作り方ガイド&家系図作成シート付き)

日時

第1回目    7月6日(金) 10:00~12:00
          きっかけづくり ~終活(シューカツ)について考える

第2回目    8月3日(金) 10:00~12:00
         「書くべき」事項とはなにか? お盆にこそ家族で話すチャンス!

第3回目    9月7日(金) 10:00~12:00
         「今をよりよく生きるために」 自分だけのノートを作ろう

お問い合わせ お申し込み

メルパルク教室 082-222-8502    まで お願いいたします。

この講座のおススメポイントは、何と言っても「専門家」と「いっしょにつくる」ところです。

エンディングノートは、今や いろんなところが出し、書籍としてもたくさん販売されていますが、

ある 特定の分野に偏ったものもあれば、「自分のなりたち」等について必要以上に多く割かれているものもあり、

「なんか、書いていてしっくりこない」
「書いていて、途中でわからなくなった」
等で ギブアップされている方が 結構多いのです。

私は、そこで

トータルに見て、
本当に必要なことを
優先順位の高いことから書きだして、

「これはどうなの?」
「こんなこと書いて、家族に迷惑にならない?」等

悩んだ時は、すぐ横で専門家(相続遺言を始め、葬儀等終末の契約について詳しい法律家)からの助言をうけることができて、

「講座に行くだけで、エンディングノートが書きあがった」 状態を 目指します。

「むずかしそう」
「めんどくさそう」
と思っている方にこそ、ぜひ 来ていただきたい講座です。

※ エンディングノートの 中身 一部見せ・・・です。 お葬儀についてのページです

お葬儀について  「家族葬でいい」と 仰っている方が多いのですが、 実際には
「家族葬」というだけじゃ なにも決まっておらず、もうちょっと
踏み込んで  誰を呼ぶ、遺影は何を使う、御香典は断るか・・・・等 書き記しておいたほうが断然家族が助かるのです。

とりあえずは、□に レ点 チェックを入れてくことで、

あなたの こだわっているところ   そして こだわらないところ  を はっきりさせましょう!

から始めます。

どうぞ、お一人でも、お友達と、親子で   

いらしていただけたら、嬉しいです。

「家庭の省エネエキスパート検定」合格対策講座を実施します(広島)

日曜日, 4月 29th, 2012

 

※行政書士以外の業務※

家庭の省エネエキスパート検定合格対策講座のご案内

当事務所行政書士橋本明子は、行政書士以外に、消費生活アドバイザー・省エネ環境診断士・家庭の省エネエキスパートという資格を有しており、特に主婦(生活者)の視点からみた家庭の省エネルギーを得意分野とし、エネルギー関連企業社内啓発講師や、ラジオ出演等の実績があります。

このたび、(財)省エネルギーセンターが 第二回検定を8月5日(日)に実施するのに合わせ、下記の内容にて、合格したい方のための対策講座の開催を企画しております。

「省エネ」と名がつく公的資格は、あまりありません。

しかも、この資格は、ユーザー目線で省エネに切り込んだ学習内容になっており、万が一試験に合格しなかったとしても、受験のための学習をするだけで、体系的・専門的な省エネ知識が身につきます。

※家庭の省エネエキスパート検定受験申し込みは別途必要です。(受験料7000円、テキスト代3000円、検定問題集1000円

↓(財)省エネルギーセンターのこちらのページからお申し込みできます。

https://www.eccj.or.jp/residential-expert/form/

ぜひ、合格し、この秋開催される「家庭の省エネ診断エキスパート研修」を一緒に受けましょう!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・以下 合格対策講座チラシです・・・・・・・・・・・

省エネ分野 期待の公的検定!

家庭の省エネエキスパート検定合格対策講座

 

昨今のわが国のエネルギー事情のなかで、いままで以上に省エネ・節電の促進が課題となるなか、「家庭の省エネ」について総合的な知識を持つ人材を発掘・育成するために(財)省エネルギーセンターが、H23年12月に第1回「家庭の省エネエキスパート」検定を実施し、全国で1,121人が認定されました。また、本検定合格者(8月5日の第2回目検定合格者と合わせて)対象に、個別の具体的な省エネ診断・提案を実施するための研修がこの秋行われ、研修修了者は「家庭の省エネ診断エキスパート」として認定されます。

 お客様からの信頼感が増す、CSR活動や自社の省エネ活動に役立つ等、様々な効果が期待されるこの検定に絶対合格したい方のために、この度、下記の日程にて受験対策講座を実施いたします。

■合格対策講座日程(各コース30名募集)

・木曜日コース  6月28日、7月12日  13:00~17:00 (全2日)

・日曜日コース  7月1日、7月15日      同 上

■会場

・木曜日コース・・RCC文化センター 609教室  

・日曜日コース・・広島市東区民文化センター美術工芸室

■費用(各コースとも)

 ・10,000円  4講座×2日分、資料含む ※本検定の受験料、公式テキストは別途必要です)

              ※検定申込は別途必要です。(財)省エネルギーセンター迄お申込下さい。

■講座内容(各コースとも)

-1日目-

①  「家庭の省エネ診断エキスパート」認定を受けるメリット、試験の概要、学習方法等の説明

②  エネルギーに関する基礎知識(わが国のエネルギー需給状況、エネルギー政策、関連法等)

③  家電等機器による省エネルギー

④  第1回ミニ模擬試験及び回答解説(「よく出る用語チェック集」解説付き)

-2日目-

①  住宅における省エネルギー

②  交通、その他の分野における省エネルギー

③  今後注目されるエネルギー(再生可能エネルギー等)及び普及支援制度(減税、助成制度等)

④ 第2回ミニ模擬試験及び回答解説(「間違いやすい数値チェック集」解説付き)

※講師 橋本明子(検定第1回合格、省エネ環境診断士、行政書士、消費生活アドバイザー)

山崎勇三(検定第1回合格、家電アドバイザー、家電エンジニア)

■お申込期日 6月14日までに、下記用紙をFAXにてご送付のうえ、下記金融機関に受講料をお振り込みください。  広島銀行 銀山町支店 普通口座 3139372 ハシモトアキコ

■お問合せ先

はしもと行政書士事務所(家庭の省エネエキスパート検定合格対策講座係)

〒731-0153 広島市安佐南区安東一丁目20-23

TEL:080-4262-6279 FAX:082-299-5220

Mail:hashimoto.akiko.g@gmail.com (メールにて下記FAX内容をお送りいただいても申込できます)

………………………………………・………(キ リ ト リ)…………………………………………………………

―家庭の省エネエキスパート検定対策講座申込書―      申込日(平成24年   月   日 ) 

お名前   企業名  
住 所

又は

事業所所在地

〒   - 電話番号  
検定申込     済  ・   未 受講講座 木曜日コース・日曜日コース

送付先:082-299-5220 はしもと行政書士事務所

「わかりやすい」と大好評、「相続遺言基礎知識~実践講座」開催中

月曜日, 4月 9th, 2012

当事務所では、公民館や各文化センターにおいて、「わかりやすい、相続遺言基礎知識~実践講座」を開催いたしております。

基礎知識講座では、相続と遺言という言葉の意味の説明からはじめ、現在の家庭裁判所に持ち込まれる相続案件の特徴からわかる「お金もちだけでなく、庶民こそ遺言が必要な理由」の解説、「遺言書がなかったせいで・・・こんなトラブルが」等、受講された方々がご自身のケースと置き換えて理解しやすい内容でわかりやすい言葉で話すことをこころがけており、どの講座も60歳~70歳代の方が平均なのですが「よくわかった」「自分の場合が想像できた」等の好評をいただいております。

そして実践講座では、模擬遺言書を書きながら、法律的に遺言書として有効であるための絶対的必要事項についての解説や、訂正をする場合の方法、無効になるケース等の解説をしていきます。そして「付言事項」という、絶対的記載事項ではありませんが、「わたしがこのような相続割合としたのは、~~このような理由からです。」等、残された家族に自分の気持ちを伝える文書の書き方のアドバイスをいたしております。

この「付言事項」、現在ではまだまだ軽視されがちですが、家族への最後のメッセージとして、当事務所では絶対に必要なものと考え、受講者様それぞれに合った文章の作成のコツ等をお話させていただいております。

何かとタブー視されがちな「相続」「遺言」ですが、講座中はいつも和気あいあい、質問と会話が飛び交うこともしばしばです。事前の準備は不要・気軽に参加できる雰囲気を大切にしています。機会が合いましたら、ぜひ当事務所の「相続遺言講座」にどうぞお気軽にご参加くださいませ。

■今後の相続遺言講座の予定■

・三篠公民館主催事業 

「我が家と家族を守るために必要な相続遺言の基礎知識」講座

平成24年4月27日(金)、5月11日(金) 10:00~12:00

場所 三篠公民館(JR横川駅から徒歩2分)

対象者・・・どなたでも 30名

参加費・・・無料

申し込み・・・三篠公民館(082-237-3077)まで

http://www.a-net.shimin.city.hiroshima.jp/www/contents/1276166958284/index.html

・フジグラン高陽 笑楽笑楽(わくわく)カレッジ♪~「行政書士・消費生活アドバイザー橋本明子による家庭法律学入門①」

平成24年4月28日(土)10:00~11:30

場所 フジグラン高陽 2F文化ホール

参加費 500円(1回)

この講座では、相続遺言についての基礎知識についてお話するだけではなく、いまブームの「家系図作り」のヒントや、「知らなきゃ損する!?相続税改正」についての情報提供、そのほか家庭や日常生活で遭遇する法律問題についてわかりやすく解説し、参加者の方がたが「トクするヒント」を得ていただくことを目的としています。その日のお買いものから役立つ、買い物に関する法律マメ知識も!

お問い合わせ/お申込み・・・フジグラン高陽サービスカウンター(082)843-5111

http://event.the-fuji.com/storeevent/event/detail.asp?p_no=35006&t_no=11134

そのほか、随時 広島市を中心に新規講座を予定中です。随時アップいたしますが、直接当事務所にお尋ねになりたい場合は、メールをいただきますと、直近の講座のご案内をいたします。

また、当事務所に講演をご依頼される場合にもメールにて①開催場所②対象者(見込み受講者)③希望日時等をお尋ねいただけます。

「知ってよかった」「わかってスッキリ」「家族や知人に教えたい!」・・・そんな講座をこれからも、開催していく予定です。どうぞよろしくお願いいたします。

※当事務所では 個別のご相談ご依頼については出張相談をいたしております。お体の不自由な方でもご遠慮なくお申し込みください。

女性だからこそ知っておきたい相続・遺言の基礎知識講座のご案内

金曜日, 12月 9th, 2011

こんど1月に、2回シリーズで 三篠公民館にて
「女性だからこそ知っておきたい相続・遺言の基礎知識」講座をやらせていただきます!


↑いま配布中の三篠公民館だよりに載せていただいてます!

公民館HPのおススメ講座にも☆

この講座は、
ほんとうに
「わたしには、相続とか遺言とか よぉ~わからんし、関係ないんじゃない~?」
って思っていらっしゃる方にこそ、受けていただきたいセミナーです。

相続と遺言

財産を引き継ぐ(相続)、と、残す(遺言)と ざっくりとわけて考えられますが、

のご時世、高齢の女性で、旦那さんがお亡くなりになったあと、お一人で暮らされる女性がむっちゃくっちゃ多い!

というか、統計をみると、「女性は大体、平均で夫がなくなったあと10年ひとりで生きる」のですよ。

平均寿命が
・女性・・・・・・約86歳
・男性・・・・・・約79歳  で、  7年長生きでしょ。

で、一昔前は「2~3歳年上の男性と結婚する」女性が多いので、そうすると、

「旦那なきあと10年生きる」は ホントにありなのです!

しかし! 

夫婦の財産を見てみると、
不動産とか
家計の中心となる銀行預金とか

めぼしい財産は「夫名義」  !

妻は、夫が亡き後、

妻が「夫の財産を全部もらう」っていうことで

「相続人のだれ一人とも異議を唱えなかったら」、、、、、そりゃー相続遺言の知識はそのときは要りません!

が、

いまのご時世・・・・・

それ、、、、、、、、、、、、、100%期待できますか?!

なーんて!過剰に疑ったり、おびえたりする心配はないのですよ~

あらかじめ「ちょっと知っておけば」ずいぶん違うんです!

昔から、「みんな、お金のことは口に出すも、できれば深く考えるのものいやなんだな~」
と職業柄、ちゃんとわかってます!

自分もそうです。

しかし、必要なんですよ!自分の「生活基盤」を「経済基盤」を確保するためには~

だから、こういう機会(無料のセミナーが公民館であるので☆)に、ぜひ、ちょこっと知ってみてください!

ブログの読者の方なら
お母様に、おススメいただいても~(^v^)

ぜひにお申し込みお待ちしてます!

■三篠公民館事業■

~だれかがやってくえれる・・・と思っていませんか?~
女性だからこそ知っておきたい相続・遺言の基礎知識

日にち:平成24年1月20日(金曜日)   1月27日(金曜日) の全2回コース
時間 :午前10時~午前12時
場所:三篠公民館 (JR横川駅のすぐ裏徒歩2分!)です。
対象者:女性(年齢は問いません!)
参加費:無料

講師:行政書士、消費生活アドバイザー、広島県行政書士会相続実務協議会会員、広島相続研究会会員
消費者問題に取り組んで16年!「生活者目線」でお金の事、法律の事をわかりやすく解説します!

書き込み式「家系図」

「相続準備シート」

オリジナルミニエンディングノート を資料として お持ち帰りいただけます!

問い合わせ先 三篠公民館 082-237-3077

ホントに、「電気代をケチる!」「特売にこだわる!」から始まった「損しないための知識」
を 法律ごとである相続遺言に発展させているのが わたしのPRポイントです!

2回目の講座のあとには「相続遺言相談会」も開催予定です。

よろしくおねがいいたします(^v^)

無料相談会開催のお知らせ

金曜日, 11月 25th, 2011

当事務所は、広島相続研究会活動の一環として、相続遺言に関する無料相談会を定期的に開催しております。

このたび下記の日程で「相続遺言なんでも相談会」を開催いたします。

予約は不要です。お気軽にお越しいただくことを目的に行っていますので「いま、困っているわけではない」方や、「ちょっと聞いてみたいだけ」の方もぜひどうぞお越しください。

開催日:平成23年12月8日(木曜日)

時間:13:00~16:00(お一人様30分程度)

場所:三篠公民館(JR山陽本線横川駅裏徒歩2分)小会議室

予約:不要(ただし予約者優先)

相談員:以下広島相続研究会会員より2名程度派遣

※※広島相続研究会のご紹介※※

 ひろしま相続研究会は、相続で悩んでいる、困っているみなさまを支援し、また、相続について基本的なことを理解していただくことを目的に、広島県内の行政書士の有志が立ち上げたグループです。みなさまが気軽に相談できるよう、無料相談会・出張講習会を行っています。
 私たちは、おひとりおひとりの立場にたち、悩みや問題点について具体的に、かつ総合的にアドバイスすることをモットーとしています。

【会員紹介】

今井 利行 1級ファイナンシャルプランニング技能士・宅地建物取引主任
  者・不動産コンサルティング技能登録者などの相続に関連する  様々な資格を所有する。相続アドバイザーとしての豊富な経験に  基づき、総合的な支援をする実力派。

幸家 真美 豊田郡大崎上島を拠点に、地域に根ざした活動を展開。相続を中  心に島のみなさまのさまざまな相談に応じ、親しみやすく真摯な  対応で信頼を得ている。

野元 恵水 アメリカ人と国際結婚し、現在3児の母。行政書士と主婦の目  線から相続問題に取り組んでいる。外国人の相続問題が得意分  野。アメリカ管憲への提出書類に実績あり。

橋本 明子 中国経済産業局消費生活相談員、広島県・広島市消費者啓発講習  会講師など、消費者問題専門家としての15年のキャリアをもつ。  相続を『最後の消費』ととらえた消費者視点の講座で好評を得て  いる。

本橋 敦子  翻訳(日⇔英)もこなす国際派。13年間の教員経験や一般企業  (外資系会社と取引)勤務経験があり、わかりやすい説明とき  め細かい対応に定評がある。
 
山城 光義 地域社会に貢献することを使命とし、地元広島市の白木町で独立  開業。地元紙に相続に関する記事を定期的に執筆、無料相談会を  開催するなど、精力的に地域社会での啓蒙活動を展開している。
(あいうえお順)

遺言・相続の勉強会をしませんか?

月曜日, 4月 25th, 2011
 

聞いてなるほど!わかってすっきり!

わかりやすい!

相続・遺言 無料講習会

 

相続や遺言・・・聞いたことはあるけれども、「お金持ちにしか関係のない話だろう」と思い込んでいませんか?実は、「マイホームと少しの貯金しか財産とよべるものはない」ケースが、とても揉める可能性が高い!とも言えるのです。

残されたご家族間の不要なもめごとを避けるには、前もってご自分の財産を正しく把握し、「誰にどう継がせたい」という意思を「遺言書」という書面に残しておくことが効果的です。遺言書はご自分のためでもあり、ご家族のためでもあります。

「遺言書を書くのが面倒くさい」・・・誰もが当然思われることです。でも、遺言書があるとないとでは「手続きが10倍違う」場合もあり!

ひろしま相続研究部会では、無料で講師を派遣し、わかりやすく相続を1から解説し、受講者の個人個人に必要な相続対策についてご理解していただけるよう普及活動を行っています。

ぜひ、皆様のお集まりの授業の一環として「1から学ぶやさしい相続講習会」をご利用ください!

 

お気軽にお問い合わせください!

開催日時・場所・講習会の時間等、ご都合に合わせます。

無料相続・遺言講習会

ひろしま相続研究部会

行政書士 橋本明子

お問い合わせは  082-299-5220

080-4262-6279

エステや英会話教室等の(特定継続的役務提供契約)の解約は意外に「デキ」ます。

木曜日, 4月 14th, 2011

今日、お昼の情報番組「ひるおび」を見ていたら、「春、、、なにかを始めたくなるシーズンですね。でも、こんな経験したことないですか?」 との導入で、

エステや英会話などの お稽古ごと系の契約トラブルについての解説があっていました。

弁護士さんの解説とともに、

①通っていた英会話学校(50回コース)が途中(20回終了時、残が30回)でイケメン先生から普通のおじさん先生に変わってしまった!!あー、もう楽しくないので解約したい!残りの30回は返してもらえる?

という問題と

②近所のエステサロン、ちょっと行ってみるとひとが多かったので「予約無理だな・・・」と思いあきらめようとしたところ、店員さんが「いつでも予約とれますよ」と言ってきたので、それならOK!と契約したのに、、、やっぱり、全然予約が取れない!全8回のうちの1回しか受けていないのに有効期限が近付いた~。全額返してもらえる?

と、いうものでした。

テレビでやるくらいだから、どっちも消費者よりと、予想はついたと思いますが、そのとおり、結果はどっちとも◎!

思った以上に、解約はできるんですよ、、、という説明がありました。

私も同感です。エステや英会話等の長期間の契約は、

(1)契約してから8日間以内は、クーリングオフという無条件解約ができ、たとえエステなどのサービスを受けていても、その代金も払わずに解約できる

(2)その8日間がすぎても、受けたサービスの料金と法律で定めた範囲内のキャンセル料金を払えば、未利用代金は返してもらえる

という「理由不要」の解約ルールがふたつあります。

「理由は不要」だから、上記の①のイケメン先生じゃなくなってがっかり・・・などの一見 わがままそうな理由もオッケーなのです。

そして、②はテレビでも「不実告知(事実じゃないことを告げられて)」での契約なので、契約全部が取り消しでき、消費者によっぽどのトクがなければ全額返ってくるという流れ(裁判例ではないけれど、実務者の間でそうなっているとのことだったので、消費生活センターとかでの解約の落とし所がそうなのかなと思いました。

ここで、わたしが、強調したいのは①と②は、あくまでも「理由不要」だということです!

当事務所に、エステサロンの勧誘が強引だったので解約したいというご相談がよく寄せられます。クーリングオフ期間内で、全額返してもらえるご依頼主さまと、クーリングオフ期間が過ぎていたので、ある程度の清算金は払わなければならないご依頼主がいらっしゃいますが、清算金と言っても、2万円程度の場合が多く、20万円~100万円ものエステ契約全体から言ったらわずかです。ためらわずに、「解約できますよ!通知を書きましょう!」とお伝えするのですが、多くの方が「エステ事業者と解約交渉をしなければいけないのじゃないか。それは、しんどい・・」とおっしゃいます。ですので、「交渉は必要ないんですよ。理由はいらないんですよ。清算だけですよ」と、お伝えし、法律のルールをお話しすると、、みなさん、すごくほっとされて、「昨日まで眠れませんでした。ほっとしました」と安心していただけます。

それで、ご依頼いただくと、当事務所から内容証明郵便を出し、解約手続きは終了です。クレジット利用の場合は、クレジット会社にも当事務所から通知を出します。

その後、エステサロンやクレジット会社の方から解約に必要な書類があれば、ご依頼主(契約者さま)に郵送していただき、ご依頼主が返送して、手続きは終了します。

ご依頼主さまがサロンに行ったり、交渉したりは必要ないのです。

反対に、エステ会社とかの不実告知を主張して「こっちは悪くないから、全額返して!」と交渉したい、、、とお思いの方は、行政書士事務所ではお受けできません。弁護士か消費生活センターにご依頼されることをおススメします。でも、相手の「わるかったところ」を立証しなきゃいけないので、とってもその辺が困難を極める場合もあります。

ですので、結論として申し上げたいのは「契約のなかには、確かに事業者に問題があるので、がんばって交渉すれば契約期間にかかわらず、全額返金できるケースもありますが、全額返金にこだわらない、もしくはクーリングオフ期間内の方は、交渉なしでも当然解約できること」を、ぜひ、覚えておいていただいて、ご自身の心の余裕や、お気持ちで決めていただけること、、、相手事業者の非をことさら追求しなくてもいいのですよ、、とお伝えしたくて、急ぎ足でこの記事を書きました。

※ご不明な点があれば、どうぞお問い合わせください。

※おけいこ契約すべてが「特定継続的役務提供契約」になるわけではありません。エステ、外国語学校、塾、家庭教師、パソコン教室、結婚相手紹介サービスです。

女性のための離婚トータルサポートサービスを提供します

月曜日, 3月 14th, 2011

最近、「離婚を考えている・・」という相談をよくお受けします。

理由は、ひとそれぞれ、、、、

でも、みなさん「そもそも、どうすればよいのかわからない。両親では難しいことは分からないし、知人にはまだ 話したくない」という方が多いようです。

そこで、

離婚を考えている、、、でも、どうすればいいのかわからない方へ

離婚経験女性行政書士が提供する

離婚トータルサポートサービスのご案内

 

さまざまな理由で離婚を考えている方は意外と多くいらっしゃいます。しかし、「何をどうすればいいのか?」や「養育費をきちんともらうにはどうすればいいか?」「公的な支援制度をどう活用すればよいのか?」・・・など、大切なことにも関わらず、どこにも相談できず、どこからの支援を受けることも出来ずに困っている女性が大半を占めているのが現状です。そこで、離婚経験のある行政書士が、真にご本人の立場に立ち、ご本人に寄り添って、離婚協議書の作成から、行政機関での諸手続きまで、全般的に離婚手続きのお手伝いをサポートするサービスを提供します。

■提供するサービスの内容■

1 事前相談(ご希望の場所まで出張いたします)    2~4時間

2 対処方法のご提案(相手との協議ポイント、公的支援制度の提案、調停時の主張ポイント等、ご依頼主さまごとの最善策を提案いたします)     2~4時間

3 公正証書離婚協議書の作成(証人の手配もいたします)   1通

4 離婚届の証人

5 居住地役場での児童扶養手当等諸手続きの代行

及び申請書面作成のお手伝い            2~4時間

※その他、弁護士相談への同席、家庭裁判所での調停利用についての助言、法律扶助利用のお手伝い等、難しい手続き全般についてお手伝いもしくは助言いたします。

                           1回(すべてで)68,000円

 

■     離婚相談のみも承っております■

当事務所もしくはご依頼者希望の場所まで伺います。養育費、慰謝料、利用可能な公的支援等についてご説明いたします。                 1回 10,000円/3時間                

■     無料メール相談(お問合せ)を受付けています■

下記メールアドレスで、無料相談(お問合せ)を受付けています。どんな些細なことでもかまいません。お気軽にお問合せください。(2回目以降は有料です。3150円/1回のご回答)

また、当事務所ホームページ、プライベートブログもご覧いただき、私、はしもと行政書士について知っていただきいたうえで、当事務所に安心しておまかせください。ご不安な気持ちを少しでも軽く、そして、現実的な未来へ向けての一歩目を歩きだすお手伝いをさせていただきます。                

広島市女性・シニア認定事業者

広島県行政書士会会会員    

                            はしもと行政書士事務所                             行政書士   橋本明子

 

                〒731-0153  

広島市安佐南区安東一丁目20-23

                          電話:080-4262-6279 

                         メール:hashimoto.akiko.g@gmail.com

                      ホームページ:http://www.hashimoto-g.com

   

高齢者を狙った悪質な商法について(屋根・仏壇・健康食品など)

火曜日, 7月 20th, 2010

行政書士を行う傍ら、消費生活の専門家として、近くの公民館や区役所、専門学校などで「悪質商法対策講座」をしています。

主に高齢者の財産を食いものにする悪質な訪問販売が増えているので、高齢者自身が事前に知識をもって、きっぱりとお断りすることが大事なのですが、、、、

やはり、いまは、業者の手口がすごく巧妙&「親切作戦」「不況で首切られるかも、憐れんで」商法などを使っているので、高齢者が契約するまえに「これが悪質商法かも」など、気がつくことはほとんどありません!

そして、最近は、独居の高齢者が増えてきました。悪い業者は、そのお宅の干してある洗濯ものなどから「独居だ」などと確認したのちに、その孤独感・閉塞感に上手に付け込み・・(買い物代行などをしてあげたり、お掃除をしてあげたりする業者もあるようです。いきなり「売る」なんて 怪しまれるからでしょう)

屋根の瓦・・・・新築の家でもなけりゃー、「ちょっとずれてるよ・・」と言われりゃー、「そうかも?」と思いますよね。

そこで、親切に親切に「安くしとくけん、安心して、この家にすめるようにするけんねぇ~今だけなんよ~」といい300万円を超えるくらいの高額契約を結んだりしています。

そして、独居ということをさらに利用し、クーリングオフ期間内は なんとか、他言させないようにするのです。

さらに悪質な業者は、自分で屋根に登って、瓦をずらして、

「おばあちゃん!ずれとったよ!」

とか言います。これ、立派な器物破損罪ですよね!

でも、のちのち話し合いになったときに

「ウチがずらしたという証拠あるんかい!?!」みたいな水掛け論になり、高齢者の方が

「もう、いいよ。今回はわたしも悪かった・・」

等と言い、争うことをあきらめてしまうのです。

人の財産と、善意と、孤独に付け込む悪質商法!!

絶対許せない!

このような ケースの場合、家族(おもに離れて住む子供)に このことを告げると、

「なんで、そんなのに騙されたん?!?」と びっくりするくらい怒られることが多くて、

業者からさんざん傷つけられた高齢者の方が、さらに家族の言葉で傷つくという、、

とても悲しい状況になることが多いのです。

当事務所のHPをご覧いただける 皆さんは、きっと「高齢者のこども」世帯の方が多いと思います。

お願いです。

悪質商法の被害にあうのは、「しょうがない」んです。

この不況で、何がなんでも契約をとりたい業者の「やる気」と「巧妙さ」の前には、本人に落ち度がなくても、、、、契約させられてしまうんです。

ご本人を、ことさら責めないでください!!

対策としては

①契約書などがないか探し、お近くの消費生活センターにとりあえず相談する

②高額過ぎる契約なら「適合性の原則」を主張できるかも!クレジットならなおさらです

③クーリングオフ期間内でしたら、まよわず、専門家に依頼し、内容証明郵便を作成し、お出しください。

④いちど、被害にあった方は、異業者間で 「あの家は狙える」と「カモリスト」として廻されることも多いので、今後はさらに一層警戒してください。

⑤社会福祉協議会・民生委員・ホームヘルパーなど、「家族ではない方による高齢者の見守り」体制が できつつあります。ぜひ、居住地の役所に一度相談してみてください。

※いま、流行している訪問販売※

・「仏教の修行中なのでお宅のみほとけさまを拝ませて下さい」とあがりこみ、仏壇クリーニング等を30万円ほどで契約させる方法

・太陽光発電、「いまだけお買い得」と、急がせて300万円以上の契約をさせる方法

(太陽光発電、断熱材を入れる、窓を二重にする等は「住宅版エコポイント制度」で、実際に国や地方自治体が補助金を出してます。5万~数十万程度) しかし、太陽光発電は、設置場所により大きく発電量が異なりますので、パンフレット等に載っている「積算根拠」が、ご自身の家にもあてはまるのか、 また、もっと安く購入できないのか、等 相見積もりをしたほうが、安心してご契約できます)

・下水道の「無料高圧洗浄」から、「床下が湿気がすごい!」と床下換気システム等を契約させる方法

・「不用品引き取る」といいい、トラックに載せたあと、高額な代金を請求する方法

・空き店舗を利用して、「健康サロン」のようなもの?を開催して、高齢者に親近感をもってもらいながら、「健康にいい話?(○○が腰痛に効くとか・・)」をえんえんと繰り返し聴かせる。高齢者は 顔見知知りになった業者から同じものをずっと勧められると「これだけ勧めるのだからいい商品だろう」等と思ってしまい、高額なサプリメント等を買ってしまう。(ゲルマニウム等の敷きパット、靴の中敷き、下着などを売るケースもある)

まだまだ、たくさんあります。

高齢者の方に、このようなことを直接話すと

「いやな世の中になったね。。。誰も家に入れん方がいいね・・・」とおさみしそうです。

そうですね。誰もが悪人に見える毎日なんていやですね。

わたしとしては、「被害にあっても、なんとか解決策はありますよ!あきらめないで!」と、

「あきらめない」という発想をもっていただくこと、と

「お互いに、近所で見守り会おう」と、被害の未然防止には、「ひととのつながりを持ち続けよう」と思い続ける気持ちが大切なんですよ・・・・とお伝えすることが大事、といつもいつも思います。